« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

福利厚生費と接待交際費

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

来週の水曜日11月7日、13時30分から、釧路東急インにて、釧路地方法人会主催の私のセミナーがあります。時間は2時間で、セミナー題目は「福利厚生費と接待交際費」です。今回は、主に接待交際費をメインにセミナーを進めていきたいと思っております。聞きどころは、「交際費課税の要件」や、「交際費等に含まれる費用・含まれない費用」、そして平成18年の税制改正で決まった、「交際費等から除外される5,000円以下の飲食費の処理」についてです。お待ちしております!

平成20年度税制改正案

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

先日の日本経済新聞によると、政府・与党は平成20年度税制改正で、法人課税の実効税率の引き下げと、個人所得課税の抜本改革を見送る方針を固めた模様です。これにより、配偶者控除も維持されそうです。また、注目されている消費税率引き上げの時期や幅の決定も、先送りされる見通しです。これらから、平成20年度税制改正は、「静かな改正」となるのでしょうか??

大切なもの

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

先週末、札幌で弟の結婚式に出席してきました。演出が凝っていて、とても良い結婚式でした。お二人とも末永くお幸せに!

結婚式では様々な人と会うのですが、いとこやおじ、おばと話しをすることも、楽しみの一つです。中には約10年振りに会う人などもいて、新鮮な感じもしました。日頃離れていても、どこかでつながっている「縁」を大切にしたいですね。

「サービスを超える瞬間」

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

ザ・リッツ・カールトン・ホテルの日本支社長である、高野登さんが書いた、「サービスを超える瞬間」という本を読みました。

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 Book リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間

著者:高野 登
販売元:かんき出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このホテルは、「お客様が言葉にされない願望やニーズを、先読みしておこたえする」ことを信条としているようです。そして、支社長曰く、「お客様にどうしたら本当に喜んでいただけるか・・・それを考えているときが至福の時ですね」と言われています。中小企業の社長さんは何から何までやらなければならず、今ある業務中心にお忙しい日々を過ごされているようです。でも、基本である、今いる、またはこれから来られるお客様が喜ぶ方法を、普段の業務以外に(プラスアルファして)常に考える時間が必要であると思います。実際は、とても忙しくて時間はあまりないのですけれども・・・。でも、少しでもそのように考えて行動すれば、会社自体が成長していくと思われます。税理士・関野も一事業主として、「お客様が喜ぶ方法」を常に考えながら活動したいと思います。

地震

こんにちは!北海道釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

昨日23日で、新潟県中越地震が起こって3年が経ちました。釧路も最近は大きい地震はないものの、またいつ大きな地震が起きてもおかしくない状況といえます。このような、地震、風水害、火事、盗難などで税金が払えなくなったときは、税務署に納税の猶予を申し出ると、損失の程度により、納税を1年間猶予してもらうことができます。ただし、その時は罹災(りさい)証明書等が必要となります。

法人化によって・・・

こんにちは!北海道釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

最近、それまでの個人事業から法人化しようとする方達が増えてきているように感じます。これはやはり、新会社法による「資本金1円からOK」という法規定によるものが大きいと考えられます。そこで、個人事業から法人化することによる、メリット、デメリットを挙げてみると・・・

法人化のメリット→社会的信用度が大幅にアップする。経営者の生命保険料や退職金を必要経費にできる。それまで消費税の課税事業者だったら、消費税が最大2事業年度免除される。

法人化のデメリット→設立費用がかかる。社会保険料の負担が増える。法人住民税の負担が増える。

といったところでしょうか。いずれにしても、法人化にするなら以上のようなことを踏まえて、税理士ともよく相談して決めてください!

印象に残った文章

こんにちは!北海道釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

<印象に残った文章>

「問題を手際よく表現することによって、問題は半ば解決されている。」                

チャールズ・F・ケタリング

祝!日本シリーズ進出!

昨日、パリーグ・クライマックスシリーズ最終戦、日ハムVSロッテの試合がありました。業務をしていた関係で、最後の9回、マイケル投手が投げている所からしかTVで見れませんでしたが、白熱した試合だったようですね。何せダルビッシュ投手、成瀬投手という日本を代表する投手の対決だったから。最後、日ハムの勝利が決まったあと、ロッテの選手と日ハムの選手が握手し、たたえ合う姿はすがすがしいものがありました。お互いに力を認めあって、勝負をしていたと思います。27日からは日本シリーズ。またまた、北海道全体が盛り上がることでしょう!

H19年なんでも個別相談会~終了

昨日、「なんでも個別相談会」(釧路商工会議所・主催)が行われました。激しい雨の中にもかかわらず、相談者の方々がお見えになり、ありがとうございました。私も何名かの方の相談を承りました。また、私、税理士・関野の他にも、他士業の先生も来ていました。相談会に参加する士業の方は真面目な方が多いように感じます。みなさん、親身になって相談に乗っているようでした。開業したばかりの税理士・関野にとっては、他士業の先生方とも知り合うことができたので、私自身も有意義な一日となりました。

本日!なんでも個別相談会

10月17日、本日午後13時30分から16時30分まで(受付は16時まで)、道東経済センタービル5F会議室にて、「なんでも個別相談会」が行われます(釧路商工会議所・主催)!私、税理士・関野の他にも、法律関係は弁護士の方、登記関係は司法書士の方、金融関係は金融機関の方、などが相談員として来ています。本セミナーは、創業や経営革新を支援することを目的としています。お待ちしております!

経営革新実務研修会

今日は、朝10時から夕方の17時まで、まなぼっとにて、TKC経営革新実務研修会を受けてきました。ここで言う経営革新とは、中小企業が経営において「新たな取り組み」をしようとする場合、我々税理士事務所がその「新たな取り組み」に基づく経営革新計画を作成し、それを各都道府県に提出し、審査・承認を得ると、中小企業は各種支援施策の活用をすることができるようになる、というものです。具体的な支援施策には、補助金の交付や中小公庫による低金利融資、その他の減税措置を受けることができます。また、この場合の「新たな取り組み」とは、新たな事業展開や多角化経営、他業種への転換といったものです。中小企業が「新たな取り組み」をする場合、経営状況が良い場合ばかりではないため、審査・承認を得ると会社の「活力」が一段と強まることでしょう。

点火

ついに事務所のストーブを点火しました。釧路にとって10月は、それまでの「あたたかい」から「寒くなった」という季節の変わり目ですね。でも、昼間はあたたかい日もまだあるので、ストーブを「つけたり、消したり」という感じです。「寒くなる」と言えば、我々税理士業界の繁忙期です。体に気を付け、しっかり業務をしなくては!

内藤選手、勝ちました!

昨日、ボクシング・内藤選手対亀田選手の試合をTVで見ました。内藤選手は巧みなテクニックで亀田選手に判定勝ちしました。久しぶりにボクシングを見ましたが、熱い戦いでした。内藤選手は現在33歳ということで、実は税理士・関野と全く同年齢です。他のスポーツ選手で、例えば野球選手だと、ヤンキースの松井選手やフィリーズの井口選手も今年33歳です。スポーツ選手で33歳といえば、もう中堅からベテランの域にあるのでしょうけれども、同じ歳の人にはいつまでもがんばって欲しく、つい応援に熱が入ります。

平成19年度税制改正~減価償却制度

平成19年4月1日以後に取得する減価償却資産については、耐用年数経過時点に1円まで償却できることになりました。これは、つまり減価償却資産として購入した金額は、最後に1円は残しますが、その他大部分は減価償却費として計上できることを意味します。改正の理由は減価償却制度を導入している他国の状勢に合わせたことによります。今までの日本の減価償却制度が他国と比べて特殊だったことが伺えます。このことは数年前から日本経済新聞などの記事に出ていて、指摘されていました。

カバチタレ!2

「特上カバチ!!-カバチタレ!2-」という漫画を読んでいます。主人公は「行政書士、田村勝弘」で、行政書士を取り巻く様々な事件に対処していくという物語です。私自身は税理士ですが、「士業」としてバッジを付けている者として、共感できる部分が多いです。自分は初めて税理士バッジをもらったとき、責任の重さを「ズドーン」と背負ったような感じがしました。しかし、プレッシャーに負けてはいられません。責任を背負いながら、業務をしっかり遂行しなければなりません。田村行政書士を見ていると、自分の姿と重ね合わせて見ることができます。自分ならこうしている・・・とか思いながら。

起業家「なんでも個別相談会」

来週の水曜日、10月17日、道東経済センタービル会議室(釧路市大町1-1-1)にて、起業家「なんでも個別相談会」が開催されます(釧路商工会議所主催)。「これから開業するぞ!」または「開業しました!」という起業家の方で、経営相談、税務相談がしたいという方は、ふるってご参加ください!!税理士・関野も、税務を中心とした相談を承ります!

本屋

今日は祝日だったので、コーチャンフォーへ行って本を見てきました。行ったらまず、今売れている本のコーナーに行って、売れている本をチェックします。それから、本業である税務・会計・経営のコーナーへ向かいます。そして、ビジネス誌の所へも行きます。本屋にいると色々と知的好奇心が刺激されて、気分が良いです。少し頭も良くなった感じもします(笑)。釧路の他にもお気に入りの本屋さんがあって、札幌では札駅近くの旭屋書店、紀伊國屋書店、東京では東京駅近くの八重洲ブックセンター、関西では吉本新喜劇近くのジュンク堂書店なんば店です。これらは出張に行って時間が空いたときや旅行のついでに行ったりしています。5,000円以上など、店によって異なりますが、ある程度本をまとめて買えば送料無料で送ってくれたりしますので便利です。

セミナー準備

10月に入り、11月から始まるセミナー講師の準備作業に取りかかっています。まず、釧路地方法人会主催のセミナーを11月初旬に行い、次に音別町商工会主催のセミナーがあります。セミナーは受講される方々にわかりやすく伝えることが主ですが、知識の再確認という点で実は講師自身のためにもなったりします。当然、私自身も他の先生のセミナーを受講することもあるのですが、先日受けたセミナーは東京の先生でしたが、ユーモアが効いていてエンターテナーのようでした。理想は「わかりやすく、笑いも取れるセミナー」でしょうか。

営業、勉強、事務処理能力

まだ自分が事務所職員時代だった頃、とある先輩税理士から、「野球選手の大切な能力に走・攻・守があるように、会計人にも走・攻・守がある。それは、営業、勉強、事務処理能力だよ」と教えられました。「営業」能力だけあってもダメ、「事務処理能力」だけでもダメ。大切なのは、3つをバランス良く持っていること・・・。そして、「勉強」は税務・会計知識の勉強だけでなく、お客様に対するコミュニケーションの勉強も大切だと言われました。独立開業してからも、この3つは会計人にとってとても大事なことだと思っています。税理士・関野、少しでも「3拍子揃った好選手」に近付けるよう、日々業務に励んでおります。

印象に残った文章

不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。自らの強みに集中すべきである。    

P.F.ドラッカー「仕事の哲学」より

マリンスタジアム

今年の夏に千葉マリンスタジアムに行き、千葉ロッテVS北海道日本ハムを見にいきました(ハムが勝ちました!)。いつも釧路から羽田の飛行場へ向かうとき、上空から千葉マリンスタジアムが見え、いつか行ってみたいと考えていました。球場は人工芝ですが、海の近くにあり、晴れていたのでとても気分良く野球観戦ができました。今まで行った球場で、ファンが熱狂的だと思った球場は、札幌ドーム、阪神甲子園球場でしたが、千葉ロッテファンもフラッグを持ちながら総立ちになって応援したりして、かなり熱狂的でした。ロッテは昔、釧路市民球場にも遠征で良く来ていたので、釧路人にとっては親近感のあるチームだと思います。

研修

午後から税理士会主催の研修を受けてきました。税理士さん、職員さん合わせて40人くらいの人がいました。いつも税理士会主催の研修は勉強になります。感謝!この業界に入ったとき、税制はほぼ毎年変わるため、税理士業務には終わりがないということを聞きました。終わりがない業務だからこそ、それだけ勉強する必要があり、また勉強することによって税理士自身も進化することができます。税理士=進化し続けなければならない職業。

今日から10月

10月1日から、郵政民営化いよいよスタート。他に変わった点では、改正雇用対策法が施行されて、求人の年齢制限が原則禁止に。電気料金の値上げ、ガソリン代も更に値上げ。「ポッキーシリーズ」が内容量を10%減らすとのこと。メンズ・ポッキーのチョコレートは絶妙に美味いだけに少し残念。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ