« 印象に残った文章 | トップページ | 弟子屈町 »

経理のおはなしNO3

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

今回の経理のおはなしは、経理で作成する書類の一つ、「現金出納帳」についてです。現金出納帳は、その名のとおり、会社の現金を管理するために作成します。会社における現金の管理で重要なのは、実際の現金の残高と、現金出納帳の残高とを一致させることです。日々の業務の終わりには必ず確認しておく必要があります。これは、もっとも基本的なことですが、経理業務においてはとても大切な作業です。しかし、どうしても合わない場合には、とりあえず「現金過不足」勘定を用いて処理しておくとよいでしょう。現金出納帳自体は、家計簿の付け方と変わりがなく、難しいものではありません。特に、パソコン会計では仕訳を入力するだけで作成してくれます。

« 印象に残った文章 | トップページ | 弟子屈町 »

経理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 印象に残った文章 | トップページ | 弟子屈町 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ