« 「明日を支配するもの」 | トップページ | グローバル言語? »

「論語と算盤」

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

先日、単行本で「渋沢栄一の士魂商才」という本を読みました。

渋沢栄一は現在の日本銀行、東京証券取引所の礎を築いた日本資本主義の父とも言える人です。

その他にも500社以上の起業に携わったそうです。

その根底には公利公益、経済と道徳とのバランス、があったようです。

そして、商売繁栄の根底は信用である、と唱えています。

事業活動は是か非かの判断の繰り返し・・・。

事業判断で迷いが生じたとき、または今までの事業活動をもう一度振り返りたいとき、渋沢栄一の言葉は重く感じられると思います。

« 「明日を支配するもの」 | トップページ | グローバル言語? »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「明日を支配するもの」 | トップページ | グローバル言語? »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ