農業「アグリカルチャー」

「一粒一粒うつくしく。」

こんにちは!釧路市で開業している税理士の関野敏章です。

いまや北海道米は全国でもトップレベルのお米に?

そのなかのエースが「ゆめぴりか」でしょうか。。

「ゆめぴりか」は、全国のお米評価のアンケートでもランキング上位に入っているようです。

もちろん、お米は地域性によって好き好きがあるでしょうが・・・。

「ゆめぴりか」の味は、「程よく粘りがあり、甘みもある」、だそうです。

秋深まり・・・

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

野菜の価格高騰もだいぶおさまってきたのでしょうか?

一時は例年の倍の価格もする野菜があったとか・・・。

特に葉物ですね。

ただ、10月に入り気温が低くなって、野菜も良くとれるようになったとの話も聞こえてきます。

実りの秋、といきたいところですね。

休日などに野菜の直売所へ訪ねてみるのも良いかもしれませんね!

耕す大地と海

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

先日、「北海道、耕す大地そして海」という本を読みました。

「コープさっぽろ農業賞」に応募された道内の農家、漁師のみなさんの姿が写真入りの本になって出ていました。

「コープさっぽろ農業賞」は消費者の目線で選ぶ農業賞のようで、漁業にも範囲が広がっているようです。

本を見てみると、私たちが住んでいる北海道には様々な農産物、海産物があるのだなと、改めて、感じます。

全国1位の生産量を持つ北海道の農産物は・・・

いんげん、小豆、大豆、かぼちゃ、玉ネギ、牛乳などなど・・・

また全国1位の生産量を持つ北海道の海産物は・・・

サケ、スケトウダラ、サンマ、ホッケ、コンブなどなど・・・

本当にたくさんありますconfident

そして、生産者様の食の安全に対する取り組みや品質向上のための工夫も活発になってきていることも、記事に書かれていました。

北海道の第一次産業は今後ますます可能性が広がっているように思えましたconfident

ABL

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

最近、農家の方を対象にした融資で、ABLというものが出てきているようです。

ABLとは、アセット・ベースド・レンディングの略で、農家の方の家畜や農産物などの動産や売掛金などを担保にして融資するものです。

畜産経営農家が主な対象となっているようで、ヨーロッパなどでは「チーズ」もその対象になっているようです。

イタリアの銀行の融資担当者がチーズの現物を見に行くシーンをTVでみたことがあります。

農家だけでなく、その他の業界においても今後は応用できそうな融資方法では?と思いました。

大地の恵み

こんにちは!釧路市で開業している、税理士の関野敏章です。

「新たな食品の流通に関する調査結果」(平成21年度)によると、

「生鮮食品や農産物加工品を農業者から通信販売等で購入した人の割合は今のところ少ないが、潜在的には購入意欲のある人は多い」ようです。

通販カタログやネットで農産物を購入する時代も来るのでしょうかsign02

また、農産物直売所は消費者にだいぶ定着してきているようです。

農産物直売所は休日などに行くと楽しいですよねsign01

今後はいろいろな形態の直売所ができるかもしれませんねconfident

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ